ペット探しの調査内容とは

探偵社や興信所はペット探しの依頼を受けた際、どのような調査を行うのでしょうか。

まず、飼い主である調査依頼者からペットに関する情報の聞き取りを行います。
聞き取った情報をもとに、探偵社、興信所それぞれに持ち合わせているネットワークに情報を拡散し、対象となるペットの情報集を行います。同時に保健所などの行政機関に対象のペットが収容されているかどうか確認します(場合によっては殺処分されてしまていることも含めます)。
また文章やチラシを作成し、ペットが失踪したであろう場所を中心に、ペットの目撃情報を収集します。
チラシ配布と同時にペットの飼い主の声を収録したテープで飼い主の声を流し、ペットが寄り付きそうな場所を特定します。
こうした調査方法でペットが無事に見つかれば、ペットを捕獲し、飼い主の元に返されます。
ペット探しの場合は一番最初の飼い主からの情報収集が大切です。
ここでペット探しに有益な情報を得られなければペット探しは時間を要し、ペットの生命が危ぶまれますし、場合によっては別の飼い主に懐いてしまい、戻ってくることもなくなってしまうのかもしれません。