食べる順番ダイエットのやり方

食べる順番ダイエットのやり方はとても簡単です。野菜から食べ始めて、次にタンパク質、最後に炭水化物である主食を食べるようにします。

例えばサラダや野菜の煮物、野菜の味噌汁などから食べ始めて、次に魚、豆腐、納豆、肉などを食べます。最後にご飯、パン、麺類などの主食を食べるのですが、果物などがあれば、果糖という糖質なのでやはりデザートとして最後に食べます。

食べる順番ダイエットは、血糖値が上がりやすいものを最後に食べる為、早食いしてはあまり意味がありません。よく噛んで、時間をかけて食べることで食べ過ぎを防ぐと同時に、インスリンの過剰分泌を防ぎます。

基本的には、順番に1品ずつ食べていきますが、単品のメニューの場合には、それが難しくなります。例えば野菜ラーメンを食べるというような場合には、まずキャベツやもやしから食べ始めて、次にチャーシュー、最後に麺を食べるという食べ方でも良いでしょう。

三角食べをする必要がある場合には、最初に野菜に箸をつけ、次に魚や肉、最後にご飯というような感じで食べるのでも何も考えないでご飯から食べ始めるより効果的です。