ミネラルウォーターダイエットのデメリット

ミネラルウォーターダイエットのデメリットは、こまめに水を飲まないといけないので、面倒なところです。ミネラルウォーターダイエットは、1日に何度も水を飲まないといけないので、水を飲むことが苦痛になります。

多くの水を飲むと、食欲は減る効果が得られます。しかし、一方で血液が薄まるので、水を飲むのが嫌になります。ミネラルウォーターダイエットは、1日に飲む量が大体決められているので、ストレスがあります。また、多くの水を飲むので、水中毒を引き起こす可能性もあります。くれぐれも塩分は控えすぎないように注意しないといけません。

ミネラルウォーターダイエットを夏場の汗をかきやすい時期にする場合は、塩分などミネラル分補給が必須です。ミネラルウォーターダイエットする時は、水の種類を選ばないと効果が得られません。日常的に飲むのであれば軟水がよいのですが、ダイエットする場合は硬水がおすすめです。ただ、硬水を毎日の食事時に飲むとなると、味が軟水よりも美味しくないので苦痛になります。硬水は少し苦く感じるので、かなり重い飲みごたえになります。