野球こそが、私の趣味なのです。

子供のころから、野球をしている私に取って、野球こそが我が人生なのです。
今は既に60歳を超えていますが、未だに野球をしているのです。

野球は見るものでは無く、するものなのです、チームワークで結ばれた仲間たちとの信頼関係、それこそがスポーツなのです。
若いころは全国大会は縁のない野球をしていましたが、50歳を越えてから全国大会へ3度も出場しています。

岡山の倉敷、そして甲子園球場へも行ったことが有るのです。
あの憧れの甲子園球場の土を踏んだのです。

決して行くことのないと思っていた所で、野球ができるのです。夢はいつか叶うものなのですね。
今も尚全国大会を目指して仲間と一生懸命野球と言うスポーツを続けているのです。

怪我のないように、それだけが私達の今の目標になっていますが、“好きこそものの上手なれ”この言葉を大切に、毎年落ちていく体力を気力でカバーしていくのです。
“野球が命”の仲間たちがいるからこその趣味なのです。