鎌倉へ日帰り旅行に行った時の話

鎌倉に彼氏と旅行に行った時の話です。
何も計画を立てずに、日帰りで近場でどこか行けないかと思いフラッとお昼過ぎに行きました。

現地に着くと、真冬の平日の昼間だというのに全国からの旅行客や修学旅行生がわんさか居て賑わっていました。
大仏と海のイメージしか無かったのですが、いざ足を運ぶと沢山の美味しそうな露店があり、ノープランだった旅は一気にグルメ旅になりました。
たい焼き、フランクフルト、唐揚げ、どれも良かったですが、寒い海風の中、歩きながら飲んだ甘酒はとても美味しかった思い出です。

せっかくなので、食べ物も良いけどちゃんと大仏様を拝もうと、歩き回って気が付けば夕方の6時。
そろそろ晩御飯を食べて帰ろうと思った所、なんとどの店も店じまいをしていたのです。
観光地とはいえ、遅くまでやっているお店がなく、どこも早く閉めるとは思っておらずビックリしました。

20分程歩いた後、なんとか1件営業しているお店があったので、閉店40分前に滑り込みで入りました。
寒い真冬の北風の中、お腹を空かせて歩いた後にようやく食べたカツ丼はより一層美味しく感じました。
次に鎌倉に行くときは、お店が閉まるのが早いので午前から行こうと勉強になったのも一つの思い出です。