私がもともと編み物を始めたきっかけ

私が現在自信をもって趣味として語れるのは、映画鑑賞・音楽鑑賞、少しの時間で行う在宅ワークそして主に休日に行う編み物です。
最初になぜ編み物を始めようと思ったかというと、私が通っていた高校はモノづくりや芸術の制作活動に対する環境や設備が他の高校よりも比較的に整っている高校でした。

クラスメートの人たちがそれぞれ制作活動に取り組んでいる中で、私も何か始めようと思いましたが、何に手を付けていいかわからず、
高校一年生の時期が終わろうとしている時に母親から編み物の基本となる鎖編みの技術を使ったリボンの作り方を教わりました。
そこから私が編み物に夢中になるのには、時間がかかりませんでした。

母親が買ってくれた編み物の本を参考にしながら様々な編み方を覚えて、
その本に載っているモチーフをできるだけ持っている色のバリエーションに合わせて多様な種類のモチーフを作成しています。
現在は、四角いコースターをたくさん作って、合わせた状態で最終的にはバッグになるように考えながら編んでいます。

最後に細かいところが多くて大変なところはありますが、編み物を行っていて本当に良かったと思っています。